歌を歌うプレゼントってありますよね。
ギターで弾き語りしながらですとか。
よくテレビなどではやっていますが、どちらかというと、さむい・・っていう事態になっているものをよく見かけます・・

あれってなんでなんでしょうかね。

考えてみたところ、幾つかの共通点があるような気がしてます。

 

一つ目は、曲と歌詞がオリジナルであるってこと。
大体歌っている方はミュージシャンでもなく、素人の人がほとんどですのでぎこちなさがあるってところ。

 

一番の理由は歌詞がストレートすぎて聴いてるこっちが恥ずかしくなってくるといった点でしょうか。
でもよく考えてみると、例えばその同じ歌をプロのミュージシャンが弾いて歌ってすると、また全然違った感じに聴こえ、
会場からの悲鳴が、歓声にかわったりするんですよきっと。

 

この違いはなんなのかって。ホント紙一重ですよね。
やっぱりそうなると弾いて歌っている人が問題なのか、ギャップがあってなんか違うと思ってしまうのかう~ん難しいですね。

 

きっとそのサム~って思われていた人も例えば今後有名になって売れたりすると、同じ歌を歌っても歓声が沸き起こるんでしょうね。

 

日本人って感覚が他の人と同じでなければ嫌とかズレてるとか思われるのがとても嫌な人種だと思っていて大体は同じ方向へと流れる気がします。

 

その方が仲間ができて共有できて楽だから?

 

でも結局は歌をプレゼントしてもらった本人がどう感じるかが大事なんであって。
人前でやるもんじゃないよね。場の空気に流されるというか。
二人で行って、本当にさむいと感じたのであれば、それはさむいのでしょう・・笑

 

ギターの弾き語りで歌をプレゼントするのであれば、オリジナルではなく聴く側も知っている曲の方が最初はいいのかもしれないですよね。

Comments are closed.

Post Navigation